2010年02月01日

バルセロナ×unicefとクレジットカード×unicef


先日、こんなチャリティーマッチが開催されました。

サッカー好きとしてはビックリするくらいの豪華メンバー。久々にスーツを脱いだルイコスタや、相変わらずキレてるジダン、他にもカカなど現役バリバリの選手も多数。ハイチ支援ということで、なんと震災発生から2週間も経たずに実現するスピード感も含めてスゴイです。

サッカー選手って、自分で財団を立ち上げて活動するなどチャリティーに熱心な人が多く、今回のようなチャリティーマッチも、けっこう頻繁に開催されています。

チャリティーとの距離感がとても近いんです。



日本でも赤い羽根の募金など知名度のある活動はありますが、こう言ってはなんですが、あまり知らない、ともすれば「本当にちゃんと使われるの?」って疑問すら抱いてしまう活動を見かけることも。

で、どうすればチャリティーと生活が身近になるのか?それには、お金の使い道大丈夫か?という不安のない信頼感、過度の負担なく継続できるハードルの低さが重要ではないかと。

そこで見つけたのが、unicef提携のクレジットカード。年会費やサービスはベースとなる通常のカードと同じ。違うのは『日本国内でのショッピングご利用金額の一部が、各カード会社よりユニセフ募金として本協会へ寄付されています。』ということ。自己負担なくユニセフ募金ができるというのが最大の特長です。

unicef100201.jpg



日本ユニセフ協会にも不透明と指摘されている問題(特に経費について)などありますが、やはり信頼性という意味では、この知名度がなにより心強いもの。


ユニセフと言えば、あのサッカーの名門バルセロナが思い浮かびませんか?バルセロナは、ユニフォームの胸にスポンサーロゴを入れないことが、市民が支えるクラブとしての象徴だったんです。それが今や、『unicef』のロゴがなんの違和感もなく収まってますよね。これは2006-07シーズンより、バルセロナとunicefが契約をしたからなんです。

通常のスポンサー契約では、企業からお金をもらってロゴを露出するものですが、バルセロナの場合、『unicef』のロゴ露出しながら、さらに『unicef』へお金を払うというもの。まさにスーパーチャリティー。

確か契約は5年間という報道だったと思いますが、ここまでのところ、双方のイメージアップにも大きなプラス要因になっているようですね。



さて、話は戻ってユニセフ提携のクレジットカード。せっかく自己負担なしでスマートに募金できるとなっていても、長く良いお付き合いの為には、カード自体が便利で使いやすいという条件は不可欠。

その辺りはさすがです、しっかり考えてありますね。現在は三井住友VISAカード、そしてダイナースクラブカードがユニセフ提携カードを発行しているようですが、どちらも太鼓判をおしてオススメしたいカードですから。


最後に、それぞれのカードについての基本情報はコチラ

三井住友VISAカード(by クレジットカードMAGAZINE)

ダイナースクラブカード(by クレジットカードMAGAZINE)






にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
クレジットカードについて他のブロガーの記事も興味がございましたら
にほんブログ村へどうぞ〜〜m(__)m

posted by クレマガstaff at 06:57| Comment(2) | 活用術・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シチズン時計 [url=http://www.shoppingforextremelyjp.pw/]腕時計 デジタル[/url] <a href="http://www.shoppingforextremelyjp.pw/" title="腕時計 デジタル">腕時計 デジタル</a>
Posted by 腕時計 デジタル at 2013年08月03日 13:17
洋服 メンズ [url=http://www.shoppingforcelljp.pw/]時計 セイコー[/url] <a href="http://www.shoppingforcelljp.pw/" title="時計 セイコー">時計 セイコー</a>
Posted by 時計 セイコー at 2013年08月03日 13:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。